紫外線はお肌の天敵!シミくすみを改善するためにおこないたい対策

紫外線対策

年齢肌のサインであるシミやくすみ…。一度できてしまうとなかなか治らないですし本当に厄介ですよね。

そしてシミやくすみの最大の原因が紫外線です。つまり、シミやくすみを改善するためには紫外線対策が必須ということなんです。

紫外線対策をきちんとすることで、シミくすみの原因をつぶすことができて改善できるまでの期間を短縮することができます。

もちろん美白ケアをしていくことも大切ではありますが、原因を解消できればあとはケアをしていくだけですからね♪

そこでこの記事では、日常生活でおこないたい紫外線対策をご紹介していきたいと思います。

どうして紫外線がシミやくすみの原因になる?

ひとくちに紫外線といっても、大きく分けて「紫外線A波」と「紫外線B波」の2つの種類があります。

紫外線A波はシワやたるみなどの原因になる紫外線、紫外線B波はシミやくすみなどの原因になる紫外線ですね。下記で詳しく解説しますが、日焼け止めには「SPF」と「PA」という表示があるのですが、SPFが紫外線B波の防止効果を表している表示、PAが紫外線A波の防止効果を表している表示です。

色素沈着

そして紫外線がシミやくすみの原因になる理由としては、紫外線(特に紫外線B波)を浴びることでメラニンが生成されて色素沈着が起きてしまうからです。

たとえば、夏場に長時間外出すると日に焼けてお肌が黒くなりますよね。この理由は紫外線を浴びてメラニンが生成されるためです。

さらに、本来であれば生成されたメラニンはターンオーバーによって皮膚の外に排出されていくのですが、ターンオーバーは加齢は生活習慣の乱れなどによって遅れていってしまいます。

歳を重ねると肌トラブルが増えるのは、ターンオーバーが遅れて色素沈着が起きやすい肌環境になるからですね。

だからこそ歳を重ねるとシミやくすみが増えてしまうんです。

ターンオーバーの遅れは冒頭にも書きましたように、美白ケアをしていくことで改善して正常化していくことができますが、紫外線は対策をしていかないかぎり防ぐことはできません。

日常生活でできる紫外線

日常生活でできる主な紫外線は以下の通りです。

  • オールシーズンで日焼け止めを使う
  • 場面によって日焼け止めを使い分ける
  • UVカットができるアイテムを使う

オールシーズンで日焼け止めを使う

日焼け止めは紫外線が強い夏場のみ使用している方が多いかと思いますが、オールシーズンで使って紫外線対策をしていくことが大切です。

もちろん夏場が最も紫外線が強いのですが、実はそれ以外の季節でも紫外線はそれなりに降りそそいでいて私たちのお肌に悪影響を及ぼしているからです。

まずはこちらのグラフをご覧ください。

月別紫外線量

月別の紫外線量

参考「国土交通省気象庁

このグラフは気象庁が発表している紫外線量(UVインデックス)なのですが、「紫外線が弱い」に当てはまる月が1月、11月、12月しかありません。

まだまだ寒い2月ですら「中程度」ということには驚きですよね…。

このグラフから分かることは、気温に関係なく紫外線は降りそそいでいて私たちはその紫外線に対してしっかりと対策をしていく必要があるということ。つまりオールシーズンで紫外線対策をする必要があるということですね。

「紫外線が弱い」に当てはまる季節はそれほど重要度は高くありませんが、それでもやはりお肌のことを考えるとメイクをするのと同じように紫外線対策も習慣化していきたいところです。

場面によって日焼け止めを使い分ける

海

場面によって日焼け止めを使い分けることも重要なポイントです。

先ほど少し触れましたが、日焼け止めには「SPF」と「PA」という表示があります。おさらいすると、SPFがシミやくすみなどの原因になる紫外線B波の防止効果を表している表示で、PAがシワやたるみの原因になる紫外線B波の防止効果を表している表示です。

なので、シミやくすみ対策で注目すべき表示は「SPF」ということですね♪

SPFは1~50までの数値で表記されていて、数字が高くなるほど防止効果が高くなります。(PAは「+」の数が多くなるほど防止効果が高くなる)

できれば数値が高い日焼け止めが使いたいところですが、防止効果が高いということはお肌への影響もそれだけ強くなるということでもあります。

そのため、場面に合わせて日焼け止めを使い分けることがベスト

先ほどご紹介したグラフの紫外線量が比較的少ない時期であればそれほど強い防止効果は必要ありませんし、逆に紫外線が多い時期であれば強めの防止効果のものを選ぶといいでしょう。

また外出する時間によっても使い分けたいですね。海に行くなら防止効果が高めの日焼け止め、コンビニに行くくらいの外出なら防止効果が弱めの日焼け止めなどなど。

このように日焼け止めを使い分けることで、お肌への影響を最小限に抑えながら紫外線対策をしていくことができるようになります。

目安をあげるとするなら、紫外線量が多い時期や大量の長時間の外出であればSPF30ほど、紫外線が少ない時期や短時間の外出であればSPF15ほどを目安にするといいのかなと思います。

お肌のコンディションを見ながら使い分けていくと、自分に合った数値のものを選べるかもしれませんね♪

UVカットができるアイテムを使う

日焼け止めだけでなくUVカットができるアイテムを使うことも大切ですね。

代表的なところでいうと、帽子、日傘、サングラスなどです。最近ではUVカット加工されたカーディガンやパーカーなども販売されているので、そういったアイテムも取り入れていくとさらに質の高い紫外線対策をすることができます。

日焼け止めは塗りムラなどもありますので、このようなアイテムも使って対策をしていきましょう!